ビブス
簡易テント

2018年04月01日

4年生3/31エンザンカップ



4年生最後の日、栄グラウンドでエンザンカップがありました。
晴天にも恵まれ、最高のコンディションでした。
そして結果は・・・見事に3位入賞!
選手たちは本当によく頑張ってくれました!
父兄のみなさん、力強いご声援をありがとうございました。
また会場をご提供いただいた栄レインボーFCさんありがとうございました。

予選1 1-1 成田SSSイーグルス
予選2 6-0 七栄FC
準決勝 0-0 日吉台SC
   (PK2-3) 
3位入賞!!!
優秀選手 Kota ナイスゴール!ナイスキーパー!


以下長文のため、興味のある方だけどうぞ。

予選1試合目。最近の練習試合で試合への入り方が悪く、痛い目にあったこともあり、少しのアドバイスで非常に集中した状態でピッチに入ることができました。
期待通り、前半2分Toku選手からのセンタリングをTai選手がきっちりインサイドで合わせて先制点を取ってくれました。これでこの試合行けるぞ!とコーチたちが確信したその30秒後、まさかの失点・・・
そのあとはDF陣が慎重になりすぎてしまい、攻撃に人数をかけられず、追加点を奪えないまま引き分けに終わりました。
ここで切り替えられなかったのはコーチたちの責任です。

予選2試合目。予選通過は得失点差で決まるため、選手たちには大量得点を求めました。
点を取らなきゃいけないと頭では分かっていても、心や行動が伴わない選手が多く、前半はKana選手の1点にとどまりました。
ハーフタイム。ここで切り替えられないと本大会が終わってしまうのは明らか。もう1段気持ちを上げられるよう、ひとり一人の目を見ながら、皆の気持ちが上向くように声掛けしたところ、選手たちの目に闘志の炎が・・・。
そして運命の後半。我らがキャプテンRyo選手が後半1分、2分、3分と立て続けにゴール。ハットトリックを決めてくれました。その後も気持ちを盛り上げて送り出したToku選手、Kota選手が交代直後に追加点を奪い、見事6-0の勝利。予選1位通過となりました。

決勝トーナメントの組み合わせは抽選で。我らがキャプテンは、よほどクジ運が良いらしく、優勝候補筆頭の日吉台さんとの準決勝に。
選手たちは、予選2試合目の強い気持ちを最後の最後まで切らさずに戦ってくれました!
技術や戦術ではまだまだ遠い存在の相手でも、勝ちたいという気持ちが勝っていれば、互角以上の戦いに持ち込めることを体感できたのは非常に大きい経験でした。
PKで負けたのは運が悪かっただけ。みんながミスを恐れて蹴りたくない中で、蹴ってくれた選手たちはよくぞチャレンジしてくれました。

試合後に選手たちは初めてのくやし涙を流していました。選手たちの成長をしみじみと感じた瞬間でした。
今後もくやし涙、うれし涙を流せるような試合ができるよう、選手たちをサポートしていきます。
これからもご声援をよろしくお願いします!

4年生担当コーチ Yasu
IMG_8538.JPG20180401192004.jpg
posted by コーチーズ成田FC at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 4年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182864267

この記事へのトラックバック