ビブス 簡易テント

2019年07月22日

父母会: AED講習会

NFC父母の会会長の服部です。

父母の方々におきましては、いつも選手が楽しくサッカーができる環境づくりに協力していただき、感謝申し上げます。

7月21日に成田市赤坂消防署の職員の方より、AED講習会を開催していただきました。

各学年の父母の方23名が参加して、心肺蘇生法、AEDの操作方法を教えていただきました。心肺蘇生の胸骨圧迫では人形を使用し、胸の真ん中を、5p沈む程度の強さ、1分間で100〜120回の速さ(アンパンマンマーチを口ずさみながら行うとこの速さになるそうです)で実際に行いました。救急車が到着するまで10分程度の間、胸骨圧迫を続けなければいけないのですが、2分間行っただけでも手が疲れ、息が上がってしまいました。

AEDの操作では、今までAEDの存在は知っていましたが、中身を見たことがなかったので、実際に中身を見ることができ、装着方法を学ぶことができました。電気によって心臓のけいれんを止める機械だそうで、電気ショックと聞いて怖かったですが、不必要な電気ショックは行われないそうなので、どんどん使ってくださいとのことでした。

これから夏になり、熱中症などの危険性が高くなります。選手(コーチも含む!)の大切な命を守るために、このような講習は大変勉強になりましたし、自信にもつながりました。

練習している小学校のどこにAEDが設置されているか、それぞれ確認していきましょう。

1563680583083 1.jpg
posted by コーチーズ成田FC at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 父母会・サポーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186311259

この記事へのトラックバック